他のレンタルサーバーからConoHa VPSのKUSANAGI環境に移行する手順

僕は以前、ConoHa VPSのKUSANAGI環境からmixhostへサーバー移行しました。
移行した理由は、ConoHa VPSでのサイト管理で手間がかかりすぎたからです。

しかし最近になって、その手間が大幅に軽減されました。
そこでmixhost上のサイトデータをConoHa VPSのKUSANAGI環境へインポートしてみます。

もし手間が本当にかからないなら、本格的な以降も考えてみます。

移行先の準備

まずは移行先(ConoHa VPS)の環境を作成します。

ConoHa VPSのKUSANAGI環境の準備

次の記事の1.KUSANAGI環境の構築を見ながら、作成してみてください。

【ConoHa VPS】KUSANAGIがシステムに詳しくない初心者でも簡単に導入できるようになったと聞いて試してみた

【ConoHa VPS】KUSANAGIがシステムに詳しくない初心者でも簡単に導入できるようになったと聞いて試してみた

KUSANAGIはWordPressを高速で実行させるために環境です。 しかし導入するにはVPS等を契約して自分で環境を構築する必要があり、サーバーのシステム管理について詳しくない人にとって非常にハードルが高いといえます […]

続きを読む

ただしこの時点では
・ネームサーバーの変更
・KUSANAGI Manager管理画面上でのSSL化
してはいけません。

その他のDNSなどの設定は、しておきます。

hostsファイルの編集

現状ではネームサーバーを変更していないので、ドメインの所在地が移行元のサーバーとなっています。
そのため、移行先のサーバーにドメイン名でアクセスすることができません。

そこでパソコンのhostsファイルを書き換え、強制的に移行先サーバーにアクセスできるように設定します。

ConoHa VPSのIPアドレスを調べる

まずは移行先サーバーのIPアドレスを調べます。

1) ConoHa VPSのサーバー情報画面を開きます。

ConoHa VPS サーバー情報画面

2) サーバー名横の()内の数値が、IPアドレスです。

パソコンのhostsを編集

移行先サーバーにアクセスしたいパソコンで、hostsを編集します。

編集方法は、次のリンク先を参考にしてください。

変更後ブラウザでサイトのトップページにアクセスし、変更元のサイトが表示されなければOKです。

サーバーの設定変更

ConoHa VPSのKUSANAGI環境は現時点(2020年1月)では、プラグインによっては正常に動かないケースがあります。

非常に面倒ですが、サーバーにログインして設定を書き換える必要があります。

次の記事を見ながら、設定してみてください。

ConoHa VPSのKUSANAGI環境でWordPressのファイル属性と実行ユーザーを合わせる

ConoHa VPSのKUSANAGI環境でWordPressのファイル属性と実行ユーザーを合わせる

ConoHa VPSのかんたんKUSANAGIでサーバーを作成し、KUSANAGI ManagerでWordPressをインストールすると、WordPressのファイル・ディレクトリとWebの実行ユーザーが一致しない。 […]

続きを読む

All-in-One WP Migrationをインストール

今回はAll-in-One WP Migrationを使用して、サイト移行をおこないます。
All-in-One WP Migration

プラグインの新規追加で、キーワードに「All-in-One WP Migration」と入力してインストールしてください。

インストール後に、ホーム画面などに次のような画面が表示されたら、サーバーの設定変更ができていません。

All-in-One WP Migration is not able to create

All-in-One WP Migration is not able to create /home/kusanagi/ab43f2a9cd38fb757d4cb3ec/DocumentRoot/wp-content/ai1wm-backups folder. You will need to create this folder and grant it read/write/execute permissions (0777) for the All-in-One WP Migration plugin to function properly.

もう一度サーバーの設定を確認してみてください。

移行元データの準備

移行先の準備ができたら、移行元のデータを用意します。

データ量を少しでも減らす

データ量が多いとデータ転送に時間がかかりますし、場合によっては移行先の制限で移行できないことがあります。
少しでもデータ量を減らしておくべきです。

(1) 使用していないプラグイン・テーマを削除する。

(2) EWWW Image Optimizerなどで画像を一括圧縮しておく

(3) ゴミ箱・下書き・使用していない画像を削除

(4) バックアッププラグインなどが作成したバックアップデータを削除

※最新のデータがあるならパソコンにダウンロードしておく

移行元データの作成

移行データの作成も「All-in-One WP Migration」というプラグインを使用します。

プラグインの新規追加で、キーワードに「All-in-One WP Migration」と入力してインストールしてください。

次に移行するWordPressをエクスポートしましょう。

All-in-One WP Migration > エクスポート をクリック

All-in-One WP Migration > エクスポート

エクスポート先を開き、「ファイル」をクリック

エクスポート開始

エクスポートデータの作成が終わるまで、何もしないで待ちます。

終了したらダウンロードボタンを押して、移行用データをパソコンに保存します。

今回移行テストでConoHa VPSメモリ1GBで作成したKUSANAGI環境を用意しました。
600MB程度の移行データを作成し、その環境にインポートしたところ、問題なく移行することができました。

しかし700MBや800MB程度が限界と思われます。
サイズが大きくなってしまう場合は、こちらの方法で移行データを分割してみてください。
All-in-One WP Migrationで分割ダウンロード

移行先サーバーのアップロード制限を変更

ConoHa VPSに作成したKUSANAGI環境は、ファイルアップロード制限がかかっていて16Mバイトまでしか転送できません。

そこで、その制限を変更する必要があります。
少し難しいですが、次の記事を見ながら設定してみてください。

ConoHa VPSのKUSANAGI環境でファイルのアップロードサイズを変更する方法

ConoHa VPSのKUSANAGI環境でファイルのアップロードサイズを変更する方法

ConoHa VPSでWordPressが高速で動作するというKUSANAGI環境が簡単にインストールできるようになりましたね。 ですが他サーバーからのサイト移行などで、大容量のデータをアップロードするとき、他のサイトで […]

続きを読む

※サーバーの再起動を忘れずに!

移行データの復元

移行元で作成したサイトデータを、移行先のConoHa VPS KUSANAGI環境に復元します。

移行データのインポート

All-in-One WP Migration > インポート をクリック

All-in-One WP Migration インポートメニュー

最大アップロードファイルサイズが、移行先サーバーのアップロード制限を変更で設定した値になっているか確認。

All-in-One WP Migration インポート

インポート元」へ、移行データをドラッグアンドドロップ。

ファイルがアップロードされ、インポート処理が開始されます。

メッセージに従って、進めてください。

移行データを複数に分割している場合は、そのまま次のデータをインポートしてください。

インポート中に処理が止まってしまったら

一番多い原因は、転送している移行データの容量がWebサーバー(Nginx)のアップロード制限を超えていることです。
移行先サーバーのアップロード制限を変更をもう一度確認してください。

パーマリンクの設定

移行後のサイトでは、パーマリンクが無効になっている可能性があるので、再設定を行います。

設定 > パーマリンク設定 をクリック

Wordpress パーマリンク再設定

何も変更しないで、「変更を保存」ボタンを押します。

Wordpress パーマリンク再設定 変更を保存

ネームサーバーの変更

サイトへのインポートが完了したら、正常に表示されるか確認してください。

確認できたら、ドメイン取得先でネームサーバーを変更します。

ConoHa VPSのネームサーバー

ネームサーバー1: ns-a1.conoha.io
ネームサーバー2: ns-a2.conoha.io
ネームサーバー3: ns-a3.conoha.io

ネームサーバー変更後、インターネットに浸透するまで数時間から数日かかります。

SSL化

移行元サイトがSSL化されていた場合、KUSANAGI Managerの管理画面からSSL化をONにします。

後始末

最後に後始末をしっかりとしましょう。

hostsファイルの編集

移行手順3で変更したhostsファイルを元に戻しておきましょう。

All-in-One WP Migrationを無効化

有効化されているプラグインは、WordPressの処理速度を遅くします。
使わないプラグインは、停止しておきましょう。

今後使用する予定がないなら、削除しておきましょう。

ファイルアップロードサイズの上限をもとに戻す

アップロードサイズの上限を、元のサイズに戻しておきましょう。

不正なアクセスで、大きなデータを送信されることを防ぎます。

本当に出戻る?

今のところmixhostに不満がないので、サーバー移行はおこないません。
(ネームサーバーの変更をおこなっていません)

KUSANAGIの推奨メモリが4Gですが、僕の場合1Gで契約するのが精いっぱいという理由もあります。
また、初期状態だとメールなど使えないものが多いです。

やっぱり手間が多いですね。
そこが、VPSとレンタルサーバーとの違いかもしれません。

めんどくさがりな人がサイト運営するなら、VPSはやめておいた方がいいです。