賢威8は自動アップデートできない…手動でやってみました

僕が賢威8でこのサイトを始めてから数か月経過しました。
その間、賢威8はβバージョンから正式バージョンがリリースされました。
オメデト(^_^)∠※PAN!

さて正式バージョンになった賢威8ですが、βよりもかなりブラッシュアップされてます。
特に目次機能などは、細かい設定ができるようになってます。
これはすぐにでも、アップデートしないといけません!

ですが…

「賢威8にはアップデート機能がない!!!」

どうすればいいの?とダウンロードページを見ると…

「ダウンロードいただいたファイルをそのまま上書きいただいて問題ございません。」

と書いてあるだけ…

初心者むりじゃね?

と思ったので、今回は賢威8のアップデートのやりかたをレポートしてみます。

賢威8最新バージョンのダウンロード

まずは賢威8のダウンロードページから、最新バージョンをダウンロードします。
賢威(ライダーストア)マイページ

賢威8ダウンロード

ダウンロードしてZIPファイルを解凍します。

ダウンロードしたzipファイルを解凍

Windowsの場合、ダブルクリックや「開く」でZIPファイルの中身をみることができますが、解凍できたわけではありません。
開いただけでは他のアプリケーションで使用できないので、必ず解凍してください。

FTPで上書きコピー

FTPでサーバーに接続します。
FTPクライアントのインストールや、設定などはこちらの記事を参考にしてください。

レンタルサーバーでFTPで接続方法と必要な情報について

レンタルサーバーでFTPで接続方法と必要な情報について

レンタルサーバー上のファイルを操作するには、通常FTPを使用します。 接続する方法や必要な情報は、レンタルサーバーごとの違いは、ほぼありません。 そこで僕が現在契約している、エックスサーバー・mixhost・ロリポップを […]

続きを読む

WordPressのテーマフォルダにアクセス

つぎにFTPでWordPressのテーマフォルダにアクセスします。

一般的には

/Web公開ディレクトリ/ドメイン名/wp-content/themes/

または、

/ドメイン名//Web公開ディレクトリ/wp-content/themes/

です。

例:
mixhost/public_html/ドメイン名/wp-content/themes/
エックスサーバー/ドメイン名/public_html/wp-content/themes/
ロリポップ/ドメイン名/wp-content/themes/
コアサーバー/public_html/ドメイン名/wp-content/themes/
スターサーバー/ドメイン名/public_html/wp-content/themes/

次に賢威8をインストールしたディレクトリに移動します。
子テーマではないので、注意しましょう。

現在のテーマをバックアップ

デスクトップなどに一時保存用のフォルダを作成して、サーバー上の賢威8をパソコンにダウンロードします。

賢威8 バックアップ

ドラッグアンドドロップで上書きコピー

解凍した新しいバージョンの賢威8をエクスプローラーで開き、FTPクライアントへドラッグアンドドロップします。

賢威8 上書きアップロード

途中で止まるなど、うまくいかないときは少しずつ送信してください。

なおFFFTPで止まる場合は、FileZillaを使用することをおススメします。

サイトの確認

コピーが終了したら、サイトが表示されるか確認します。

エラーが表示されていたり、表示が乱れていなければOKです。

WordPressの管理画面にログインして、アップデートされた項目のうち、目で見て確認できるものがあったら、確認してみましょう。

アップデートする前に必要かの確認が必要

WordPressテーマのアップデートは、動かなくなるというリスクがあります。
それは自動でも手動でも同じです。

もしあなたのサイトで何らかの利益が発生していたり、月何万PVというアクセスがあるなら、危険をおかしてまでアップデートする必要はありません。

今問題なければ、そのままにしておきましょう。