レンタルサーバーでFTPで接続方法と必要な情報について

レンタルサーバー上のファイルを操作するには、通常FTPを使用します。
接続する方法や必要な情報は、レンタルサーバーごとの違いは、ほぼありません。

そこで僕が現在契約している、エックスサーバー・mixhost・ロリポップを例として、FTPへの接続方法をお伝えします。

FTP接続するのに必要な情報

まずはレンタルサーバーに接続するために必要なユーザー情報について、お伝えします。

必要な情報は次の4つです。

  • ホスト名
  • ポート
  • ユーザー名
  • パスワード

なお、接続用のFTPアカウントはあらかじめ用意されています。
FTPアカウントを作成するメニューがあるレンタルサーバーでも、新たに作成する必要はありません。

ホスト名

接続先のサーバー名です。
FTPホスト名と呼ばれるときもありますが、サーバー名と同じです。

xxxxx.rentalserver.comのような、サブドメインを含めたドメイン名になります。

レンタルサーバーに登録した独自ドメインでも接続可能ですが、サーバー提供元より割り当てられたサーバー名を使用します。

mixhostの場合

cPanel > 一般情報 > プライマリドメイン が、FTPホスト名です。

エックスサーバーの場合

サーバーパネル > サーバー情報 > ホスト名 が、FTPホスト名です。

ロリポップの場合

ユーザー設定 > アカウント情報 > サーバー情報 > FTPサーバー が、FTPホスト名です。

ポート番号

特に指定のない場合は、空欄で問題ありません。
空欄の場合、FTPのデフォルトポートである21に接続されます。

FTPのポートについて興味がある方は、こちらの記事を参照してみてください。

FTPとSFTPのポート番号と簡単な説明

ユーザー名

FTP接続用に割り当てられた名前で、コントロールパネルに接続するIDと同じ場合もあれば、全く異なる場合もあります。
レンタルサーバーによっては、コントロールパネル内に、はっきりとFTP用のユーザ名と書かれていません。
契約時にメールで指定されることが多いので、基本的にはそちらを確認します。

mixhostの場合

cPanel > 一般情報 > 現在のユーザー が、ユーザー名です。

エックスサーバーの場合

サーバーパネル > パスワード変更 > サーバーID が、FTPホスト名です。

ロリポップの場合

ユーザー設定 > アカウント情報 > サーバー情報 > FTP・WebDAVアカウント が、FTPホスト名です。

パスワード

パスワードは契約時にメールで指定されることが多いので、基本的にはそちらを確認します。
コントロールパネルのログインパスワードと同じことが多いです。

mixhostの場合

マイページ > マイメニュー > メール履歴 > サーバーアカウント設定完了のお知らせ から、パスワードを確認できます。

エックスサーバーの場合

サーバーパネルへのログインパスワードと同じです。

ロリポップの場合

ユーザー設定 > アカウント情報 > サーバー情報 > FTP・WebDAVパスワード の表示ボタンで、パスワードを確認できます。

FTPクライアントの設定

パソコンからレンタルサーバーへのFTP接続には、FTPアプリケーション(クライアント)が必要です。

今回は「FileZilla」「WinSCP」「FFFTP」の3種類の設定についてお伝えします。

FileZilla

FileZilla タイトル

FTPクライアントの中で、僕のおススメはFileZillaです。
WindowsでもMacでも使用できます。

ファイル数が多くても、途中で止まることなく安定して送受信してくれます。
いざというとき、サーバーからデータをそのまま引っ張ってこれるので、安心です。

FileZillaのインストール

(1) 次のリンク先でFileZillaのインストールファイルを入手します。

FileZilla公式ページ

(2) 公式ページが表示されたら、「Download FileZilla Client」をクリックします。

FileZilla公式ページ

(3) 遷移先のページで、Windowsの場合はもう一度「Download FileZilla Client」をクリックします。

FileZilla Windows64 Download

Macの場合は「X」をクリックし、遷移先のページで「Download FileZilla Client」をクリックします。

「FileZilla」、「FileZilla with manual」、「FileZilla Pro」の3種類表示されます。

フリー版を使用する場合は、「FileZilla」のダウンロードボタンを押してください。

(4) ダウンロード後、ダウンロードされたファイルを実行し、指示に従ってインストールをしてください。

FileZillaのFTP設定

(1) メニュー:ファイル > サイトマネージャー を選択し、「サイトマネージャー」を開きます。

(2) 「新しいサイト」ボタンを押し、新規サイトに名前をつけます。

FileZilla サイトマネージャー

(3) 一般タブに必要な情報を入力します

FileZilla  一般タブ

プロトコルFTP - ファイル転送プロトコル
ホストレンタルサーバーから割り当てられたホスト名
ポートレンタルサーバーから割り当てられたポート(通常は空欄)
暗号化使用可能なら明示的なFTP over TLSを使用
ログオンタイプ通常
ユーザーレンタルサーバーから割り当てられたユーザー名
パスワードレンタルサーバーから割り当てられたユーザー名のパスワード

(4) 「接続」ボタンを押します。

(5) 「不明な証明書」が表示されたら、「今後は常にこの証明書を信用する」にチェックを入れ、「OK」を押します。

FileZilla  不明な証明書

FFFTP

FFFTP

国産のFTPクライアントです。
作成者の開発はすでに終了していますが、有志によりアップデートが続けれています。
頑張ッテ(*'ー'*)b

シンプルな画面構成で使いのため、日本ではよく知られてソフトウェアです。
しかし送受信で多くのファイルを一括処理すると、失敗することが多いのが欠点です。
ガンバァ━━━(`・д・´)ノ━━━!!!!

あと、Macでは使用できません。
。゚( ゚´д`゚ )゚。ウェーン

FFFTPのインストール

(1) FFFTPはGitHubからダウンロードします。

FFFTPダウンロードページ

(2) 最新バージョンの、msiファイルをダウンロードして、実行します。

FFFTP ダウンロードページ

(3) 指示に従って操作します。

FFFTPの設定

(1) メニュー:接続 > 接続 を選択して、「ホスト一覧」を表示します。

FFFTP ホスト一覧

(2) 「新規ホスト」ボタンを押して、「ホストの設定」画面を表示します。

FFFTP ホストの設定画面

基本タブ:

ホストの設定名好きな名前を付けます
ホストレンタルサーバーから割り当てられたホスト名
ログオンタイプ通常
ユーザー名レンタルサーバーから割り当てられたユーザー名
パスワードレンタルサーバーから割り当てられたユーザー名のパスワード

拡張タブ:

FFFTP 拡張タブ

PASVモードを使うチェックを入れる
ポート番号通常21。指定がある場合変更する

暗号化タブ:

FFFTP 暗号化タブ

暗号化なしで接続を許可チェックをはずす
FTPS(Explicit)で接続チェックを入れる
FTPS(Implicit)で接続チェックを入れる

(3) 「OK」を押し、ホスト一覧画面の「接続」ボタンでFTP接続する。

(4) 「保護されていません」と表示されたら、「Yes」を選択する。

FFFTP 保護されていません

(5) 「現在の安吾かの状態を保存しますか?」と表示されたら、「はい」を選択する。

FFFTPでMixHostの一部のディレクトリにアクセスできない

MixHostにWordPressのテーマ(/wp-content/themes/)内のディレクトリにアクセスすると、「Certificate validation error: 800B010F.」と表示されて、操作できない現象が発生することがあります。

対処法が分かりません…

そのため今は、FileZillaを使っています。