All-in-One WP Migration移行元サーバーのバックアップデータは自分で削除する

All-in-One WP Migrationはサーバーの引っ越しに便利ですね。
中規模のサイトならサクッと移行できてしまいます。

ただ、移行元になるサイトを何らかの理由で使い続けるなら、自分で後片付けしないとダメなようです。

サーバー容量が増大した

僕は別の記事でサーバー移行について書きました。
他の人も同じだと思うのですが、いいかげんなことを書けないので、実際に何度か移行テストしています。
そのため、移行元のサイトはデータを使用するだけで、実際には移行していません。

そして最近、そのサイトのデータ容量が2Gバイトほど増大しているのに気が付きました。
慌てて調べてみると…

All-in-One WP Migration データ 残る

All-in-One WP Migrationの移行データが、そのままai1wm-backupsというディレクトリに残っていました。

プラグインをアンインストールして安心していたのですが、どうやらそのまま放置しているようですね。

移行が目的のプラグインなので移行元は削除される前提なのかもしれませんが、「ちょっと、なあ…」と思いました。

ai1wm-backupsは自分で削除

All-in-One WP Migrationを使い終わったら、ai1wm-backupsディレクトリを自分で削除しておきましょう。

レンタルサーバーの管理機能や、FTPクライアントを使用して削除してください。

FTPの設定については、こちらを見てくださいね!

レンタルサーバーでFTPで接続方法と必要な情報について

レンタルサーバーでFTPで接続方法と必要な情報について

レンタルサーバー上のファイルを操作するには、通常FTPを使用します。 接続する方法や必要な情報は、レンタルサーバーごとの違いは、ほぼありません。 そこで僕が現在契約している、エックスサーバー・mixhost・ロリポップを […]

続きを読む

移行先のai1wm-backupsは大丈夫

移行先のデータは自動で削除されるようです。
ai1wm-backupsディレクトリはプラグインをアンインストールしても残りますが、残しておいても問題なさそうです。