レンタルサーバーで固定IPは死語です。独自(専用)IPとの違いについて

「レンタルサーバー 固定IP」での検索需要があるようですね。
レンタルサーバーで固定IPを取得したいということでしょうか?
固定IPアドレスは、レンタルサーバーでは死語になりつつあります。

そもそも固定IPとは何なのか、ということも含めて解説しましょう!

レンタルサーバーのIPアドレス

レンタルサーバーで固定IPアドレスが欲しいというのは、おそらく、ドメインと一対一になるIPアドレスが欲しいということだと思います。
違う!という方は、コメントください。
(お待ちしています_(._.)_)

ドメインと一対一になるIPアドレスが欲しい場合、固定IPは言葉の意味的として間違えています。

まずは固定IPアドレスや動的IPアドレスについて説明したいと思います。

そんなことどうでもいいという方は飛ばして、次の専用IPアドレスと共用IPアドレスをご覧ください。

固定IPアドレスと動的IPアドレス

サーバーや自宅のパソコンのIPアドレスを決定する方法には、次の2種類があります。

  1. 管理者やシステムが、ある決まったIPアドレスを割り振る
  2. 接続された順番など、一定の法則で自動的に割り振る

1は、パソコンやルーターなどの機器がリセットされても、毎回同じIPアドレスがセットされます。
つまり固定IPアドレスが割り振られたことになります。
場合によっては、障害などで、意図的にIPアドレスを変更することがあります。
このように意図的に変更した場合でも、固定IPアドレスです。

2は、パソコンやルーターなどの機器がリセットされるたびにIPアドレスが再割り当てされます。
前回と同じものがセットされるという保証はありません。
状況に応じて動的に割り当てられることから、動的IPアドレスと呼ばれています。

グローバルIPアドレスとプライベートIPアドレス

IPアドレスの分類は、もう一つあります。
グローバルIPアドレスとプライベートIPアドレスです。

こちらもIPアドレスの知識として必要なものなので説明をしておきます。

グローバルIPアドレス

インターネット上で割り振られたIPアドレスです。
割り振られたグローバルIPアドレスは、世界中で一つだけで、他と重複することがありません。

レンタルサーバーの場合、固定・動的どちらも、割り振ることができるIPアドレスは、サーバーを管理している企業や団体が保持するアドレスのみです。
適当に数字を並べているわけではありません。

実は各家庭にもグローバルIPアドレスが割り当てられています。
しかし動的な割り当てがされることが多く、ルーターを再起動するとIPアドレスが変更されるケースがほとんどです。

プライベートIPアドレス

家庭や企業ネットワーク内の機器に割り振ったIPアドレスです。
インターネットから家庭や企業内のネットワークを覗くことができないため、自由にIPアドレスを割り振ることができます。

このとき、パソコン一台一台に固定IPアドレスを割り振ったり、DHCPなどの仕組みを利用して動的に割り振ったりなど、方式は自由です。

ではグローバルIPとプライベートIPとの境界線はどこにでしょうか?
その役目は、ルーターが担っています。

グローバルIPとプライベートIPの境界線

上の図で説明すると、次のような手順で外部とデータのやり取りをしています。

(1) プライベートIP『192.168.0.3』がインターネット上のWebページにアクセス希望
(2) ルーターは、グローバルIP【XXX.XXX.XXX.XX】からのアクセスとして、Webサーバーにデータを要求
(3) Webサーバーは、グローバルIP【XXX.XXX.XXX.XX】にデータを返信
(4) ルーターは受け取ったデータを、プライベートIP『192.168.0.3』に送信

つまり、外部からみたIPアドレスは一つだけということです。

レンタルサーバーは基本的に固定IP

レンタルサーバーは基本的に固定IPが割り当てられていて、サーバーの管理パネルで確認することができます。

しかし多くのレンタルサーバーでは、固定IPであると明言していません。
それは、なんらかの原因でIPアドレスを変更しなくてはいけない事態を想定しているからです。
変更される可能性が少しでもあるなら、固定IPアドレスと言えない、という判断です。

また一部のレンタルサーバーでは、動的IPアドレスだと明言して、IPアドレスを公表していないケースもあります。
サーバーのリセットなどのたびに、IPアドレスが変わってしまうのかどうかわかりません。

しかしIPアドレスの変更頻度が高い場合、ある問題があります。
次の項目で詳しくお伝えしますが、レンタルサーバーを選ぶときは、IPアドレスが公開されているサーバーを選ぶようにしましょう。

もしレンタルサーバーが動的IPアドレスだったら

もしレンタルサーバーが動的IPアドレスだったらどうなるでしょうか。

IPアドレスは、いわばインターネット上の住所です。
IPアドレスを変更するということは、引っ越しをするということです。

引っ越し先を事前に、知り合いなどに伝えておけば何の問題もありません。
しかし、ある日突然何の連絡もなく引っ越してしまったら、それはもう夜逃げですね。
二度と会うことができなくなってしまうのです。

動的IPアドレスの場合はもっと深刻です。
システムが勝手に割り振るということは、本人が知らないうちに住所変更されてしまうということです。
サーバーがどこにあるのか、わからなくなってしまうのです。

レンタルサーバーの管理会社に問い合わせればいいのでしょうが、そんなことやっていられませんよね。

ドメインなら動的IPアドレスでも問題ない?

レンタルサーバーにアクセスする場合、実際にはドメインを使用します。
IPアドレスを使用することはほとんどありません。

IPアドレスを住所とするなら、ドメインは住んでいる人の名前です。

インターネット上には、ネームサーバー(DNSサーバーともいう)という、ドメイン名からIPアドレスを調べることができる特殊なサーバーが存在します。
↓ネームサーバーについては、こちらの記事で簡単に解説しています。

ネーム(DNS)サーバーとは何?ざっくり説明してみます

ネーム(DNS)サーバーとは何?ざっくり説明してみます

レンタルサーバーでドメイン登録をした後、ドメインを取得先でネームサーバーを設定します。 WordPressなどでサイトをつくるための手順として説明されていますが、どうしてこんなことをするのかという解説がない。 そこで今回 […]

続きを読む

ネームサーバーは、名前から住所を調べることができる、住所録ですね。

IPアドレスを変更したら、ネームサーバー内の情報を書き換えます。
そうすることで、ドメインのIPアドレスを変更することができます。

レンタルサーバー側で、ネームサーバーを確実に変更してくれるなら、ドメイン名で作業をしているかぎり、、IPアドレスを変更されても、そのまま作業を続行できるのです。

理論上は、レンタルサーバーも動的IPアドレスで問題ないような気がしますね。

ネームサーバーとIPアドレスの問題

ネームサーバーと呼ばれるものは、実はインターネット上に無数にあり、それぞれいくつかのドメインを受け持っています。
そして、そのネームサーバーを探し出すのが大変です。

ドメイン 名前解決

最終的には、目的のIPアドレスを取得できるのですが、非常に大きな手間と時間がかかるのです。

その手間を省くための機能がDNSキャッシュです。
調べた情報を保存しておき、2回目は保存した情報を使用することで、素早くIPアドレスを取得することができます。

DNSキャッシュはインターネット上で、とても重要な機能ですが、IPアドレスを変更したとき大きな障害となります。

キャッシュされたIPアドレスは、一定期間変更されません。

つまり、レンタルサーバーのIPアドレスを変更して、すぐにネームサーバーを書き換えても、インターネット上にキャッシュが残っていると、変更前のIPアドレスにアクセスしてしまうのです。

そのとき、実際には変更前のIPアドレスは存在していません。
そのため、エラーとなってしまうのです。

DNSキャッシュ

ホームページを訪れた人は、サイトが閉鎖されたと思うかもしれませんね。

このように、IPアドレスの変更は、大きなリスクがあるのです。

もしIPアドレスを変更するなら、一時的に変更前と後のアドレスを確保して、同じサーバーに両方のIPアドレスでアクセスできるように設定し、キャッシュが新しいIPに入れ替わった後に、古いIPを削除する必要があります。

ここまで手間をかけるなら、固定IPにして、IP変更させない方が管理が楽ですね。

家庭のネット環境が動的IPアドレスな理由

動的IPアドレスは、本人が知らないうちに住所変更されてしまうというで、大問題だと書きました。
しかし一般家庭やスマホのグローバルIPは、動的です。
大問題なんでしょうか?

一般家庭でネットやメールの閲覧をするとき、パソコンやスマホから相手先のサーバーに、「データを送ってくださいと」お願いしに行く形になります。
そしてお願いをするときに、データの届け先、つまりルーターやスマホの今現在のグローバルIPアドレスを伝えるのです。
つまり、その都度IPアドレスを伝えているので、知らないうちに変更されても、特に問題ないのです。

自宅でホームページを公開するとき

ですが自宅にサーバーを設置して、不特定多数に向けてホームページを公開する場合固定IPが必要です。

ダイナミックDNSという仕組みを使用すると、動的IPでもホームページを公開することができます。

しかし前述のIP変更時の問題に加え、変更前のIPアドレスが他の家庭に振り分けられたとき、その家庭のルーターに関係のないアクセスを発生させ、通信障害などの原因になる可能性があります。
場合によっては、金銭的な負担を負わせてしまうことがないとはいえません。

自分ではなく、他人に迷惑をかけてしまうということを覚えておきましょう。

専用IPアドレスと共有IPアドレス

ここでやっと専用IPアドレスの話になります。

ここまで、レンタルサーバーは全て固定IPという話をしてきました。

基本的に、サーバーごとにグローバルIPアドレスが割り当てられます。
そして、IPアドレスに対して、ドメインまたはサブドメインが割り当てられます。
サーバーで作業を行うとき、このドメインを経由してサーバーにアクセスします。

エックスサーバー ドメイン名&IPアドレス

レンタルサーバーの利用目的は、主に不特定多数に向けたWebサイトの構築、またはメールサーバーとしての利用だと思います。
(それ以外の利用は、レンタルサーバーではなく、VPSを使用するべきです。)

ドメイン取得サービスなどで取得したドメインは、サーバー内に配置されます。
このときのドメインのIPアドレスはサーバーのIPアドレスと同一です。
サーバーは、呼び出すべきドメインを判断して、適切に処理をおこないます。

サーバー内 ドメインIPアドレス

共有レンタルサーバーは複数のユーザーが利用することが前提のため、必然的にサーバー内のドメインも複数になります。
専用サーバーでも、ドメインの複数登録は可能なので、この点に関しては条件は同じです。

サーバー内のドメインから見た場合、自身のIPアドレスは他と共有されているように見えます。
そのため、共有IPアドレスと呼ばれることがあります。

mixhost 共有IPアドレス

そして個々に独自のグローバルIPを割り当てた場合、そのドメイン専用という意味合いで、専用IPアドレスと呼ばれます。

専用IPアドレスが必要なケースはほとんどない

数年前まで、SSLを取得するには専用IPアドレスが必要でした。
しかし現在は、ドメイン名だけでSSLを取得することができます。
さらにIPアドレスでのSSL取得が廃止されつつあります。
そのため専用IPアドレスの需要が減り、レンタルサーバーでの専用IPアドレス取得サービスが次々と終了しています。

SSLのために専用IPアドレスを取得する必要がなくなりました。

SEOと専用IPアドレス

数年前、僕はアフィリエイト仲間たちと、

「共有サーバー内、つまり同じIPアドレスを持つサイトがペナルティを受けると、他のサイトにも影響が出ると可能性があるかも?」

という話をしていました。
だから専用IPを取るべきか検討したのを覚えています。
予算の関係上、見送りましたが…

その当時はどうだったのかわかりませんが、現在ではこれはGoogleから否定されています。
English Google Webmaster Central office-hours hangout | YouTube

世界中のほとんどのサイトは共有サーバーなんだよ?
そんな頭の悪いことしないさ(原型をとどめていない意訳)

わざわざ専用IPを取得してもSEOで有利にならないなら、必要ないですね。

そんなことよりも、よいサイトを作ることに力を入れなさい。

だそうです。

専用IPが必要なケース

レンタルサーバー上のドメインに専用IPアドレスを設定するべきなのは、どんなときでしょうか?

正直言うと、僕は思いつきません。

企業が、信用を担保したいなら、専用サーバーをレンタルすべきです。
高いだけあって、サポートが充実しています。
難しいことは丸投げできます。

それ以外は…必要ないですね。