mixhostでのWordPressサイト設定手順 ネームサーバー設定からインストールまで

mixhostは、エックスサーバーなどの比較的構成なサーバーと同じレベルのレンタルサーバーです。
しかしmixhostは一般的なレンタルサーバーと異なり、非常に多くの機能を持っています。

それが良い特徴である反面、サイトを作成するまでの手順が分かりにくいものにしています。

そこで今回は、ドメインの取得からWordPressでのサイト公開までの流れ、注意点をお伝えします。

事前準備

mixhostを操作する前に、やっておくべきことをお伝えします。

ドメイン取得

まずはサイトのドメインを取得しておきます。

取得方法がわからないという方は、こちらで解説していますので、チェックしてみてください。
100円安い、おススメドメイン取得先も紹介しています。

レンタルサーバーの独自ドメインの取得方法と費用についての注意点

レンタルサーバーの独自ドメインの取得方法と費用についての注意点

長年使ってきた独自ドメイン取得サービスよりも少し安いサービスがあることを半年くらい前に知りました。 今回はそのサイトの紹介がてら、初めてドメインを取得する人向けに注意点などをお伝えします。 独自ドメイン取得サービスはどこ […]

続きを読む

ネームサーバーの設定

取得したドメインにネームサーバーを設定します。
ネームサーバーを設定後に有効になるまで、数分から長いときは半日以上かかるので、最初に設定しておきます。

(1) mixhostのマイページにログイン

https://accounts.mixhost.jp/clientarea.php
mixhostのマイページ

(2) 有効なサービスから、ドメインをクリック

mixhostのマイページ

(3) ネームサーバーをコピー

mixhostのネームサーバー名

ネームサーバー1: ns1.mixhost.jp
ネームサーバー2: ns2.mixhost.jp
ネームサーバー3: ns3.mixhost.jp
ネームサーバー4: ns4.mixhost.jp
ネームサーバー5: ns5.mixhost.jp

(4) ドメイン取得先で設定

バリュードメインの場合は、こちらを参照

バリュードメインでネームサーバーを設定する方法

Xdomainの場合は、こちらを参照

Xdomainでネームサーバーを設定する方法

お名前.comの場合は、こちらを参照

お名前.comでネームサーバーを変更する方法

mixhostでドメイン設定

mixhostのドメイン新規追加は、アドオンドメインでおこないます。

cPanelにログインして、

ドメイン > アドオンドメイン へと進んでください

mixhost cPanel

アドオンドメインの作成

mixhost アドオンドメインの作成

新しいドメイン名:

取得したドメインを入力します。

サブドメイン:

自動入力されます。
これは、プライマリドメイン(ユーザー名.mixh.jp)のサブドメインです。
今設定しているドメインの、サブドメインではありません。
新しく作成したサイトは、このURLでもアクセス可能になります。

ドキュメントルート:

ドメインのデータを保存するサーバー上のディレクトリ名です。
自動入力されたままで大丈夫です。

このアドオン ドメインに関連付ける FTP アカウントを作成します。:

通常はチェックを入れません。
外部に管理を委託するなど、このドメインのみにアクセスするFTPユーザーが必要な場合、チェックをいれます。
一人で作業を行っていてFTPを使用する場合は、アカウント作成時にメールで送付された情報でログインしてください。

ドメインの追加:

情報を入力したら、ドメインの追加ボタンを押します。
しばらく待ち、次の画面が表示されたら成功です。

mixhost 新規ドメイン追加完了

WordPressのインストール

cPanel:SOFTACULOUS APPS INSTALLER > WordPress

SOFTACULOUS APPS INSTALLER

「Install Now」を押す

mixhost wordpress install

インストール設定値

インストールの設定画面に遷移します。

ソフトウェアセットアップ

mixhost wordpress URLの指定

インストールするバージョン:

最新バージョンを選ぶ

URLの指定:

1.特別な理由がない場合、https://を選択します。
この選択だけで、自動でSSL設定されます。

2.WordPressをインストールしたいドメインを選択します。

3.ディレクトリは空欄にします。

サイト設定

mixhost wordpress サイト設定

サイト名:

これから作成するWordPressサイトの名前を入力します。後から変更可能です。

サイト説明:

これから作成するWordPressサイトの説明を入力します。後から変更可能です。

マルチサイトを有効にする:

チェックを外します。

管理者アカウント

mixhost wordpress 管理者アカウント設定

Admin Username:
Admin Password:

WordPressのログインするときの、IDとパスワードを入力します。
忘れるとログインできないので、メモをしておきましょう。

管理者Eメール:

デフォルト(admin@ドメイン名)は、cPanelでメールアカウントを作成しないと使用できません。
実際に所持しているメールアドレスを入力しましょう。

言語の選択

mixhost wordpress 言語の選択

言語の選択:

WordPressで使用する言語を選択します。
日本語はJapaneseです。

Select Plugin(s) - プラグインの選択

mixhost wordpress プラグインの選択

この画面は、追加プラグインを選択します。
後から(WordPress上から)インストールできるので、ここで選択しなくても大丈夫です。

Limit Login Attempts (Loginizer) :

ログイン試行回数を制限するLoginizerプラグインをインストールします。
ブルートフォース攻撃からサイトを保護することができます。

Classic Editor:

新エディター(Gutenberg)を旧形式のエディタ画面に変更する、Classic Editorプラグインをインストールします。
旧画面に慣れている人は、チェックをいれておきましょう。

wpCentral - Manage Multiple WordPress:

複数のWordPressサイトを一元管理できるwpCentralプラグインをインストールします。
必要だと感じてからで遅くありません。

アドバンスドオプション

mixhost wordpress アドバンスドオプション

データベース名:
テーブル・プレフィックス:

デフォルトのままでOKです。

アップデート通知を無効にする:

チェックを入れると、アップデート通知が届かなくなります。
通常はチェックを外しておきます。

自動アップグレード:

自動でアップグレードするかどうか選択します。

Do not Auto Upgrade - アップグレードしません。
Upgrade to Minor versions only - 小さな(マイナー)バージョンアップ時のみ、アップグレードします。
Upgrade to any latest version available (Major as well as Minor) - いつでも最新バージョンにアップグレードします。

バージョンアップによりサイトが表示されないなどの不具合が出る可能性があるので、手動でのアップグレードをおススメします。

Backup Location:

バックアップデータを保存する場所を指定します。
Defaultで問題ありません。

自動バックアップ:

バックアップするかどうか、または頻度を指定します。

バックアップ・ローテーション:

バックアップを保存しておく回数を指定します。
古いものから削除されます。

バックアップデータはサーバー容量を圧迫するので、無制限を選択してはいけません

テーマの選択

テーマはWordPressのインストール後に、導入します。
ここではデフォルトのままでOKです。

インストールの実行

設定が終わったら、「インストール」を押してください。

インストールが始まります。

画面が切り替わるまで、何もしないで待ちます。

「ソフトウェアは正常にインストールされました。」と表示されたら成功です。

mixhost 「ソフトウェアは正常にインストールされました。」

管理者URLより、WordPressにログインしましょう。

なお、ネームサーバーやSSLの設定に少し時間がかかります。
そのためサーバーに接続できなかったり、セキュリティ的な警告がでることがあります。
この場合は少し時間をおいてから作業をしてください。

またIDやパスワードのメモを間違えたなどでログインできない場合は、下記の「インストールに失敗したら」の方法で、再度インストールしてください。

インストールに失敗したら

インストールの進捗画面が長時間動かなかったり、エラーが出てしまった場合は、再度インストールをします。

その前に、インストールした情報が残っていないか確認します。

WordPressインストール画面を、下方にスクロール

mixhost インストール済み wordpress

ドメインが登録されたら「×」をクリックし、削除してからWordPressを再度インストールしてください。