google search consoleで新規サイト登録:DNSで確認しないといけない??

Google search consoleに新規サイトを登録しようとしたら、次のような「DNSレコードでのドメイン所有権の確認」画面がでてDNSレコードを変更するように言われてしまいました。

DNSレコードでのドメイン所有権の確認

直接DNSレコードを変更すればいいのですが、今までやったことがない人には非常に難易度が高いです。
そこで今までの方法で所有権を確認する方法をお伝えします。

今までの方法で所有権を確認する方法

もしサイトが登録されていて所有権確認前の状態だったら、一度削除します。

その後、再度プロパティを登録します。

そしてプロパティタイプの選択で、右側の「URLプレフィックス」にサイトのURLを入力します。

プロパティタイプの選択

すると、HTMLファイルやHTMLタグでの確認になるので、今までのように作業をおこないましょう。

DNSでの確認は何が違う?

DNSで所有権を確認すると、一部の人にとっては次のような大きなメリットがあります。

  • httpとhttpsを別々に登録しなくていい
  • サブドメインでサイトを作ったとき、HTMLファイルのアップロード作業などが不要

つまり、一度設定すれば後は何もしなくていいわけです。

ただ、今はhttps前提なので、httpはあまり気にする必要がありません。
一日に複数のサイトを作成する職人さんが存在しますが、サブドメインを使用することはあまりありません。

そもそもDNSを不用意に書き換えて、サイトにアクセスできなくなる方が怖いです。

メリットよりもデメリットの方が大きいと感じます。